クレンジングオイルの乳化(エマルジョン化)

クレンジングオイルの乳化(エマルジョン化)が始まると、オイルは白濁します。
オイル系のクレンジング剤の洗い方では、クレンジングオイルの乳化(エマルジョン化)がポイントになります。

次にクレンジングオイルを使った洗い方のポイントを紹介します。
クレンジングオイルの乳化(エマルジョン化)が、洗い方のポイントになるところをチェックしてください。

洗う前には、クレンジングオイルの乳化(エマルジョン化)が始まらないように、手や顔を濡らさないように注意します。

(1)クレンジング剤がポンプ式の容器に履いている場合は、ポンプを押して適量を摂ります。

(2)洗い方は簡単です、ステップ1はクレンジング剤を優しくのばして肌に充分馴染ませます。
肌の溝や毛穴奥のメイク汚れを、クレンジング剤が包み込みます。

(3)洗い方のステップ2は、メイクとクレンジングオイルが充分馴染んだら水やぬるま湯で顔を濡らします。
水やぬるま湯を与えると、メイクと混じったクレンジングオイルの乳化(エマルジョン化)が始まります。

オイルの感触がなくなったら、クレンジングオイルの乳化(エマルジョン化)は終わりです。

(4)洗い方ステップ3は、クレンジングオイルの乳化(エマルジョン化)が終わった後に水やぬるま湯ですすぎます。
汗やホコリなどの水性の汚れもスッキリと落とせます。

オイル系クレンジング剤を使ったスキンケアで大切なことは洗い過ぎないことです。
クレンジングオイルの乳化(エマルジョン化)後は洗い流すだけです。
保湿美容成分の油分を、メイク残りと勘違いして洗わないようにしましょう。

オイル系のクレンジング剤は、オイルなので洗うときに肌に摩擦などの刺激を与えません。
肌や毛穴のメイク落としに優れた洗浄力のオイル系のクレンジング剤を試しませんか。

オイル系クレンジング剤は、肌や毛穴奥のメイクや汚れをシッカリと落とします。
クレンジングオイルの乳化(エマルジョン化)により、メイクなどの油性の汚れと油性以外の汚れを同時に洗い流します。
クレンジングクリームでメイクを落として、次に洗顔石けんで洗い流すなどの手間は不要です。
ダブル洗顔による肌への過剰な刺激を避けられます。

クレンジングオイルの乳化(エマルジョン化)のポイント

クレンジングオイルの乳化(エマルジョン化)が始まったら、水やぬるま湯で洗えば完了です。肌や毛穴のメイクの汚れを、優れた洗浄力のオイル系クレンジング剤でスッキリ落とせます。洗い方のポイントをシッカリ守れば、簡単に汚れを落とせます。


ページのトップへ▲

目的別ランキング
マスカラも落とせる
ダブル洗顔不要
濡れた手でも使用可能
ノンオイル
低刺激で敏感肌でもOK
詰め替え用があるエコ仕様
洗いあがりがつっぱらない
洗った後にぬるぬるしない
保湿剤不要クレンジング
肌に優しくて毛穴スッキリ
美容・美肌成分も配合
温泉水使用で肌にもやさしい
界面活性剤不使用
ノンアルコール
柑橘系
芸能人・モデル愛用
オイル
トリニティーラインのピールクレンジングオイルEX
ラサーナの海藻クレンジングオイルEX
アテニアのクリアオイルクレンズ
よかぼんたんくれんじんぐ
Grace&Lucereクレンジングオイル
ファンケルマイルドクレンジング
ジェル
Nursery(ナーセリー)
セルベストのアクアクレンジング
オルビスのクレンジングジェル
エクスボーテ「女優肌」
セラムデュー
リキッド
オルビス クレンジングリキッド
ミルク
石澤研究所・毛穴撫子の重曹クレンジングミルク
アンエラのスパモイストクレンジング
エニールP2ブラックシャボン
クレンジングQ&A
クレンジングオイルで鼻周辺の角栓解消
クレンジングオイルでマスカラおとし
オイルクレンジングの後にダブル洗顔は必要か
ニキビ肌で使用するクレンジングオイル
クレンジングオイルの乳化(エマルジョン化)
オイルクレンジングの使い方
オイルクレンジングでくすみ解消
オイルクレンジングは乾燥しやすい?


キャッシュ使用